スポンサードリンク

2017年08月28日

美人顔 条件 歯並び

美人顔の条件に歯並びが入っているという事を知っていますか?

また、歯の白さも勿論重要です。

メイクでは歯並び、歯の色というのは隠せません。なので、メイクスキルではどうやっても隠す事は出来ません。

【女子必見】整った顔の条件を知ってますか? | 美人顔の条件5選

最近は容姿の趣味の偏りによって「八重歯が可愛い」とかって言っている人もいますが、個人の主観的な事を言っているのではなくて、ここで言っている美人顔の条件と言うのは造詣として美しいか、理想的なのか?という事ですから、八重歯が可愛いと思っている人はそれで良いでそう。

どうぞそのままでいてください。

ただ事実として、美しいバランスなどは残酷な現実ですが決まっています。

もち、歯並びが良くないという事が「美」の感覚として人類が備えているのであれば、パリコレなどの純粋なモデルの人々にわざと歯並びをキレイではないようにするという施術を施すという人がいてもおかしくありませんし、また、歯並び、歯の色などがキレイではない人もモデルとして雇うはずですが現実はそうではありません。

理想的なバランスなどは実際に存在をしているわけです。

だから、美人の条件の中に歯並び、歯の色というものが入っていて、そこだけはメイクではどうしようもないので、気になっているのであれば審美歯科のオールセラミックの歯の治療、歯列矯正を受けるなどでキレイな歯並びにしてしまった方が良いでしょう。

そこまで気にならない人なのであれば、そこまで本人的には良いのでしょうが、自分自身が気がつかないうちにせっかくキレイな顔をしているのに損をしてしまっているという事も充分に考えられる事ですから、もし治せるなら治した方が良いという事は言えます。

美意識が高いという方であれば、気になるのが普通でしょうから、歯並び、歯の色と言うのはキレイにしてしまった方が良いという事は間違いのない事でしょう。

歯並びの事が気になっている方はこの機会に自分の容姿を鏡で見て、笑顔を作ってみてください。

笑ったときに見える歯は、透き通るようんな白さであなたの容姿をさらに魅力的に見せてくれるものですが?それとも、そうではないでしょうか?

それで気になるようであれば、歯並びを短期間でキレイに、歯の色、歯の形状も全てトータルに治療をする事が出来る審美歯科の治療を検討をしてみて下さいね。


理想的な笑顔を歯のバランスの詳細な解説・説明→こちら


posted by Sasa at 21:50| 美人顔 条件 歯並び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

【案外大切】 歯医者は歯科であり、医者は医科であり、従って歯医者は医者ではない

歯医者は医者ではありません。


世の中何か勘違いをしている歯医者がまるで医師のような態度で上から話す事がありますが、歯医者は歯科分野であって医科の分野にいるわけではありません。

歯の医者だから歯医者と言っていますが、これもわかりづらいものです。そもそも、医者ではないのです。「歯を扱う人」という意味でのDentistであって、そもそも日本語訳の「歯医者」という訳をして日本国内に歯医者という言葉を入れたことが適当ではないのです。

極めて物理的な歯の修復を行なう事が歯科の役割であって、それを専門とするのが歯科なわけですから、医者ではなく技術者なわけです。歯修復士という訳語の方が適当だと思いますが、まあ法的な言葉としても歯科医師となってしまっているので仕方ないといえば仕方ないです。

ただ、極めて物理的な歯の修復を行なう事が歯医者であるのに、銀歯、セラミックの歯などを歯科技工士という独立をした資格がまた別にあるのも、おかしなところです。歯の物理的な修復に関してが歯科の領域ですが、それなのに修復をする際に使うセラミック、歯科金属の加工を自分で出来ないというのはかなりおかしいでしょう。

医科と異なり、個人に合わせた修復を行なわなければならいのにも関わらず、それを異なる歯科技工士が行うというのは、かなり不自然です。中には、歯科技工士の学校にも通い歯科医師資格と、歯科技工士の資格の両方を保持し全てを自分で行なう歯医者もいるが、殆どはそのような事はない。


医科に対して歯科が医療を論じる事はほぼ目にしない
あまりに「医療、医療」偉そうな態度している歯医者にあまり良い人はいません。

しかも、そのような歯医者に限って、「医療が医療が」とのたまわる事が多いです。

しかしながら歯科領域の歯医者が、医者に向かって、「医療が」と論じる事は殆どありません。医者の前では物静かにしている歯医者もかなり多いです。その理由としては歯医者自体が、医科と歯科が異なるという事をこれでもかというほど社会の中で直視をしているからだという事が言えるでしょう。

医科の中に混じって、歯科である歯医者が医療を論じる事が殆ど見受けられないのは、まさにコンプレックスのそれというのはほぼ間違いはないでしょう。だから、医科の医者ではない人に対して、医療を論じて悦に入っているというのが現状なのでしょう。

偉そうに医療を語る事と、治療の説明を歯科医療の範疇で丁寧にしっかり説明をする事とは全く異なるのです。医療を偉そうに語る事を治療説明と勘違いをしている歯医者も案外と多くいて、審美歯科などのカウンセリングの際に、かなり腹が立つ思いをしたという方も多くいらっしゃるようです。

歯医者を、内科医、外科医と同列に思っている方がいらっしゃいましたら、医者は医科であり、歯医者は歯科であるって全く異なる分野であり医者ではないという事はしっかりと頭に入れておく事は大変に重要な事です。

そのような事を考えておかないと、もしインプラントなどの歯科治療を受けたいという場合に、歯科医院選びに失敗をしたり、もしもの事を考えて歯科医院選びをする事が出来ません。

どの歯医者にしろ、インプラントの治療相談に行った際には、「インプラント治療はそこまで心配をするほどのものではないし、当医院では大丈夫ですから安心してください」と言うに決まっています。

しかしながら、もし何かが起きた際に、神経を傷つけてしまったとか、血が止まらないとか、麻酔を打ったらいきなりお客様が泡を吹き出したとか、そのような事に対して歯医者では対処は出来ません。その処置を行なうのは医科である医者であり、大概はトラブルがあった際には歯科医院から救急車などで緊急搬送され病院に搬送をされるのです。

だから、歯医者は歯科であって、医科である医師ではないという事はしっかり頭にいれておかないと、歯医者では処置をする事が出来ない分野にまたがるトラブルが起きるようなインプラントの治療を受けたい際に本当に安心をして受ける事が出来る歯科医院を選び出す事が出来ないので、このような事をしっかりと理解をして頂ければと思います。


当ブログの前回の記事にもかなり詳細に説明をしていますので、そちらもが参照下さると大変に参考にして頂けると思います。


http://shika88.seesaa.net/article/453000930.html



posted by Sasa at 19:51| 歯医者 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋 セラミック 歯 安い

名古屋でセラミックの歯の治療を安く受ける事が出来る審美歯科をお探しながら下記

https://japan-dental-frontier.com/iphone/

名古屋でサービスを展開をしていた審美歯科サービスなのですが、人気が高く、東京、神奈川、大阪、のエリアでも要望が多く、それぞれの都市圏でサービスを展開をしている審美歯科サービスです。

人気があるからこそ、たくさんのお客様を治療をしていますから、従来型の審美歯科よりも圧倒的に治療経験が豊富です。

値段的に従来型の審美歯科よりも圧倒的に安いから心配と思う方もいるかもしれませんが、全くそのような事はありません。

値段が高い審美歯科はよく「高品質な治療をしているから高い」と言いますが、それでお客様来ていないのであれば、正直技術なんてあがるわけがありません。

「歯を削る」そして物理的な修復を行なうという細かい作業を何度行なった事があるのか?という事が歯医者の技術のほぼ90%を占めます。歯医者は医者のように投薬などによって不確実な身体の経過を観察をして行うものではなく、歯という物理的な物を扱うのです。だから歯科であり医科ではありません。

この意味ももう少し深く言いますと、物理的な歯というものの機能の回復、噛むということについて支障が出ないようい修復をするという事が歯医者の仕事です。現在ではその範囲を広げてきているきらいがありますが、本来的にも根源的にもそうなのです。歯医者は「医科」ではないのです。

そもそも、歯「医者という日本語訳が適当ではありません。これが歯医者を、医師国家試験を受けた医者と同様のものと日本国民に思わせてしまう諸悪の根源となっています。

歯医者を英語で言うとDentのist系でありDentistとなります。直訳をしますと、「歯を扱う人」という意味になるのです。


英語の「-ist」は、「特定の何か物を扱う人」という意味合いでもあり、例えばピアノを扱い演奏をする事が専門である人を「Pianist」、ギターを物理的に取扱演奏をする「Guitarist」などと同様なのです。

戦後の日本語訳としてDentistに対して「歯医者」とした点に於いて非常に罪深いです。Dentistは、「歯科修復士」というのが現実的な業務の範囲として適当でしょう。物理的な歯の機能を修復をするという事が本来的なのですから、「歯医者」という訳は適当ではありません。

したがって、歯医者と言うのは歯を物理的に扱い、機能が戻るように修復をするという事が仕事なわけですから、この細かい作業への慣れと、多くの修復作業を行なった事があるという事が最も技術として重要なとこころであり、それが歯医者の上手さなのです。

従って、いくらお客様が来ない歯医者が言葉で高品質と言っていたところで、お客様が来ない審美歯科と、月間30人、50人と多く治療をしている場合にすれば、多くを治療をしている審美歯科の方が上手くなるのは当然です。

これは歯科ではない医科である外科医でも同じです。

例え簡単な盲腸の手術でも、ようやく研修が終わった外科医で、はじめての盲腸手術の外科医に手術をしてもらいたいと思いますか???それなら、年間200件とか盲腸の手術をしているような外科医の方が上手いのは当然で安心ですよね。

歯医者もそれと同じです。

こうやって説明をされるとわかりやすいのですが、なかなか、そういわれる事もないので気がつかないのですが、いくら値段が高い審美歯科であっても、上手いわけではありません。

年間何件の施術をこなしているかという数が多い方が上手いです。

なので、値段が高いから高品質な治療を受けられるというのは、実は現在の歯科では70%間違いです。

そもそも、たくさんの治療を行わなければならない人気審美歯科では、それだけたくさんの医院で使用をする消耗品、また歯科技工士に依頼をするオールセラミックの歯の製作など、大量発注をしますから実際には経費をどんどんコストダウンをしていく事が出来ます。

だから、お客様に本当に良いものを、人気のない審美歯科よりも低価格にする事が出来ますし、その歯科医院の治療を担当する歯医者自身も、毎日毎日、治療をし続けているわけですから他の自分より人気のない歯医者より上手くなるのは当然です。

また、正直、そんなに上手くもないのに治療を高額に設定をしている審美歯科で、なかなかお客様に選ばれない審美歯科などでは経営コストが高いので、結局、オールセラミックの歯などの治療を高額にしないとダメになるという悪循環のところもが多いです。

だから、案外と歯医者がよく言う「高品質な治療は高額になる」からと言ってオールセラミックの歯の治療の1本の値段を20万、30万円と設定している歯医者は、まあ、そこまで上手くないでしょう。これは下記の箇条下記のBにあたります。

歯医者というのは玉石混在で三種類の歯医者があります。
@人気が殺到をしている歯医者だから大量にお客様に治療を施す経験も豊富でしかも安くする事が出来る歯医者
Aある程度自信があり本当に良いから自信をもって自費診療を高額にしている歯医者
B人気がなく、口だけ、お客様が少ないから治療実績も少ないのに、高品質な治療が高額になると言っているダメな歯医者

上記の3つの種類がありますが、Bは問題外です。

特に、業界的には歯医者の技術の格差が最も大きいと言えます。どの歯医者もよく高品質な治療をしていると言いますが、ある一方は1ヶ月に30人の新規のお客様に対して治療を施してして、ある一方は1ヶ月に5
人の新規のお客様の治療をしているとしましょう。

どちらが治療が上手くなります?どちらが治療経験が豊富になります?

簡単に判断がつきますよね。だから、人気のない審美歯科はダメなんです。人気のある審美歯科に比較してしまえば、それだけ治療実績がないですし、治療に慣れていないのですから。

しかしながら、いづれの歯医者にしても、高品質な治療と言い出すわけです。なので歯医者を選ぶ際には口先の言葉だけに惑わされてはいけません

どの歯医者だって高品質な治療とは言います。ただ、注意が必要なのは、高品質な治療を言っているその本人の中で最も良い治療になるように心がけているというだけの事です。

だから、他の歯医者と比較をしたら値段が高いのにドヘタを越えたヤブ歯医者なんて事がよく起ります。

なので、総括をしてみますと、結局人気のある審美歯科を複数ピックアップをして、最もあなたに合う審美歯科で治療を受けるという事が良いという事です。

その中で名古屋で人気の審美歯科サービスを提供をしている下記は、審美歯科選びのひとつの医院としてピックアップして検討をする価値がある審美歯科サービスです。

高品質なセルコンのジルコニアが1本5万円という低価格に設定されており、お客様もたくさん来院をするからこそ、治療経験数が他の人気のない審美歯科に比較をして圧倒的に多いです。

しかも審美歯科の治療費って高額過ぎてなんかおかしくない?とか、また、オールセラミックの歯で本物の歯と見分けのつかない前歯の治療をしたけれど他の歯科医院では1本15万円とか20万円と言われたから・・・と悩んでいる方に一度検討をして頂けたらと思います。


名古屋で人気の審美歯科サービス!オールセラミックの歯の治療で高品質なセルコンのジルコニアも1本5万円で手が届きやすい!
250bsnner_400.jpg

posted by Sasa at 16:54| セラミック 歯 安い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京 セラミック 歯 安い

東京は特に保険適用外の歯の治療を受けたいという人が密集をしている地域です。

劇団員、モデルの駆け出し、ウリだし前の芸能人、グラビアアイドル、地下アイドルなど、とにかく人に容姿を気にされる仕事に就いている人が多いのが東京の特徴です。

その分、保険適用外のオールセラミックの歯の治療の需要が大きくなっています。

でも、審美歯科のオールセラミックの歯の治療が高額過ぎて悩んでいるという方が本当に多いです。

その中で、東京で圧倒的な人気を誇る審美歯科サービスがあります。

https://japan-dental-frontier.com/iphone/

真面目に、その辺の審美歯科などが1本15万円などで提示をしているものと品質が変わらないから、それ以上の品質を持っているセルコンのジルコニアを使ったオールセラミックの歯の治療を安く受ける事が出来るのです。

だから、かなり人気が殺到をしている審美歯科サービスとなっています。

オールセラミックの歯の治療を受ける事が、歯並びを短期間にキレイにしたいと思っている方の多くに選ばれている審美歯科サービスとなっています。

公式サイトを見て、他の審美歯科と比較をして無料カウンセリングを受けてみても、この審美歯科サービスを選ぶ方が多くいる人気審美歯科サービスですから、予約の枠もすぐに埋まっていってしまいます。

特に、年末に向けて治療をしている方が、秋からは多くなります。毎年9月から翌年3月の間は、それぞれの方々に人生で一度しかないイベント事である卒業、引退、新入社、などの前に歯をキレイにしておきたいという方がたくさん予約をしますから本当に混み合います。

しっかりと、ご自身が望む期間内に治療を完了をしたいという方は、早く治療をする審美歯科などを決定をして治療を早めに開始をして時間的にゆとりを持って治療をして下さいね。


東京で人気!セルコンのジルコニアを使ったオールセラミックの歯の治療が安い審美歯科サービスの詳細→こちら


posted by Sasa at 15:57| セラミック 歯 安い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪 セラミック 歯 安い

大阪でも歯科の自費診療のセラミックの歯の治療を安く受けたいという方に話題の審美歯科サービスが下記。

https://japan-dental-frontier.com/iphone/

審美歯科での自費のセラミックの歯、オールセラミックの歯の治療は高額で、1本をオールセラミックの歯で治すだけで、1本15万円くらいが、高品質なセルコンのジルコニア、プロセラのジルコニアを使ったような歯科の自費診療の値段です。

これではかなり高額過ぎます。

でも、歯科って、そんな治療費というのは胡散臭いですよね。

ってかボッタクリでしょ???って思っている方もいますよね。

決してボッタクリではないという事が細かい事を説明をすれば、御理解をしてくださる方もたくさんいるのですが、でも、確かに現在の歯医者が過剰過ぎる状態で、歯医者の治療自体に市場価値として、1本15万円なんて治療費をつけられるほどの価値はないというのは本当です。

その市場価値を適正した審美歯科サービスとしてセルコンのジルコニア(廉価版のフルジルコニア)ではないものを市場適正価格にして、高品質な治療を市場適正価格で行なっている事で、従来型の審美歯科よりも圧倒的に安く高品質なスペックになっているのが、この記事で紹介をした審美歯科サービスです。

大阪でも選ばれる審美歯科サービスとなっており非常に人気です。

オールセラミックの歯の治療が高額過ぎて悩んでいる方は、このサービスの公式ページも見て検討をしてみると良いのではないかと思いますよ。

https://japan-dental-frontier.com/iphone/

posted by Sasa at 15:45| 自費診療って何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

セラミックの歯で前歯を治した体験談

セラミックの歯で前歯を治した体験談を読みたい方はいませんか?

セラミックの歯で前歯をキレイに治すという際には、不安になる事もあるのではないでしょうか?

実際にセラミックの歯で前歯を治してみて、どのような感想を持ったのか、セラミックの歯で前歯をキレイにしたら容姿は変わったか?などの事や、不満に思う事、などとにかく知りたい事がたくさんあるのではないかと思います。

そのような方に、実際にセラミックの歯で前歯の歯並びを治した方の体験談が下記に掲載をされているので読んでみるというのも良いのではないかと思いますよ。

オールセラミック治療体験談


posted by Sasa at 17:45| セラミック 歯 安い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歯並び 短期間 治す

歯並びが気になっている方も多いのではないでしょうか。

歯並びを比較的に短期間で治療をしてキレイな歯並びにしたいという方は審美歯科のオールセラミックの歯の治療を受ける事でキレイにする事が出来ます。

歯並びを短期間で治す事が出来るセラミック矯正を安く受ける事が出来る審美歯科→こちら

だから、オールセラミックの歯の治療を検討をすると良いかと思います。

歯がキレイになった後にコンプレックスが解消をした自分自身を想像をしてみて下さい。歯並びが気になって、思いっきり笑えないとか、恋愛中の人であればせっかく良い雰囲気になったのキスも出来ないとか、何かと悩みが尽きませんよね。

でも、歯がキレイになった後、コンプレックスが解消された自分自身を想像をしてみて下さい。

きっと、今までよりも色々な事に積極的になる事が出来るのではないでしょうか?

コンプレックスは方っておいて、絶対に良くなる事はありません。

自身でそれを解消をする努力をしないかぎり自信もつきませんから、この機会に少し自分でコンプレックスの解消に動き出して見て下さい。

きっと、良い結果が生まれるでしょう。

あなたが望む未来を考えて、それに向かって少しづつても歩んでいけるようにしていきましょう。


歯並びを短期間で治す事が出来るセラミック矯正を安く受ける事が出来る審美歯科→こちら

posted by Sasa at 17:39| 自費診療って何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歯科のオールセラミックの歯の自費診療が高額過ぎて胡散臭い

歯科のオールセラミックの歯の保険適用外の審美治療があまりに高額過ぎて、正直胡散臭いと思っている方が多くいらっしゃいます。

確かに、保険適用外で自費診療となるのですから、高額になっても仕方ないという部分がります。

なにせ自費診療とうのは、保険適用外で全ての治療費を支払うのですから、高額になっても仕方ありません。

しかしながら、自費診療とは言っても実は、何か特別な事を行っているという事ではないという事実がそこにあります。

法律上、オールセラミックの歯、セラミックの歯などの素材が保険適用で治療をする事が出来ないという事によって、自費診療になるのですが、それらの素材を使う治療の工程と、保険治療の工程と特段何か変わった事をしているわけではありません。

いわゆる保険適用の銀歯にするのか、オールセラミックの歯の被せ物にするのかという事だけの違いという事が殆どで、自費診療であるからといって特別に高額になるような治療工程などありません。

なので、オールセラミックの歯を勧められた場合に、その治療費が1本20万円、30万円という治療費を提示されたという方が、「それはおかしいし胡散臭い」と思うのは極めて通常の感覚です。

そこでオールセラミックの歯の高額になる治療を多くのお客様にご利用をして頂けるように市場適正価格のオールセラミックの歯の値段は市場価値の元に計算をした審美歯科サービスが人気です。

https://japan-dental-frontier.com/iphone/

従来型の審美歯科では現在平均的に1本のジルコニアオールセラミックの歯が15万円程度に設定されている事が多いのですが、それを市場適正価格にし、1本5万円という値段でセルコンのジルコニアを使ったオールセラミックの歯の治療を受ける事が出来るようにしており多くの方に選ばれる人気審美歯科サービスとして予約が殺到をし続けています。

オールセラミックの歯の治療を受けたいと思っている方は一度検討をしてみると良いかと思います。

東京・神奈川・大阪・名古屋で展開をされていますから、より多くの方に利用をしやすい審美歯科サービスとなっていますから、審美歯科選びの一つの歯科医院・審美歯科として選択枠に入れてみてください。


https://japan-dental-frontier.com/iphone/


posted by Sasa at 16:52| セラミック 歯 安い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする